docr_diary*

とりあえず、毎日更新することから

2017/04/11

春。

 2年前の私は何を思って1年を踏み出したであろうか。
前も後ろもわからないまま、ただ過ぎる時間を惜しんで医学部に行きたいがためにがむしゃらに受験勉強をし、当然ともいえる不合格を受け取って踏み出した浪人。
 進学校でさえなかった高校から1人で浪人を始めたにも等しいアウェーの中、何とか医進クラスには滑り込めたも最底辺。色んな意味で敵だらけの世界で絶対に医学部受かってやると気概に満ちて踏み出した春。

 

あの頃の気概が今の私にもあるだろうか。

 

 結局浪人の時のセンターで振るわず、某地方国立大の農学系の学部に入るも、私の夢見た大学生とかけ離れた大学生活に絶望した。それは某大学の医学部を見ても同じことが言えており、逆に医学部合格していたらもっと絶望していたに違いない。
 浪人の時は真っ暗なトンネルでゴールが見えずひたすら走るしかないクソみたいな生活だったが、大学生活は道のいたるところで人が「ゴールはあっちだよ」「ゴールはこっちだよ」と私を惑わし邪魔をしてくるクソみたいな生活である。結局クソなのである。

 

1年たった今、惑わしに慣れてしまい、なんとなく過ぎる日々が日常となりかけていた。
今日はそんな気がした。気づけたのだ。

 

あの頃の気概を。あの頃の努力を。
自分の2本の足で、自分で歩んでやる。
でもきっとここからの道のりは険しい。
2本の足で立てないくらいなら、四つん這いになってでも這いつくばってやる。

 

そんなことを考えながら1コマ目。有機化学
朝はパン屋でバイトでした。まぁこれは毎日こうなりますね。
2コマ3コマ空き。
とりあえず1コマの有機化学の質問をしに研究室へ。
TAと仲良くなってTAに質問するのアリかもね。
気軽に質問できそう。
4コマ土壌学。まぁこれは選択必修であまり興味がないけど選択したって感じなので軽く済ます。
5コマ生化学。
授業冒頭は昨期の化学と同じやなと高をくくってたらいつの間にか寝てた。
朝の決意とは何だったのか。
食堂で軽く晩御飯済ましてこちとらバイト。塾講。
JK教えれるの幸せですし同期の可愛い子と話が出来るのも幸せです()
朝の決意とは何だったのか。

 

まぁ明日もきっとこんな感じ。
頑張ります。

広告を非表示にする